シノケンプロデュース 「ニューノーマル」をコンセプトにしたアパートを開発 

 

シノケングループ(東京・港、篠原英明社長)の傘下で、投資用アパートの企画・開発・販売を担うシノケンプロデュースがニューノーマル時代のコンセプトアパートメント『ORIGINO』を開発した。

 


画像=プレスリリースより

 

『ORIGINO』には、「原点」「起源」という言葉そのものの意味に加え、「”新しい生活様式”の始まり」「生活スタイルのミニマムデザイン(根源・原始)」という意味を込めている。

 

具体的には次の4つの特徴を取り入れた。①玄関横に洗面台を配置し、人感センサー照明を採用。帰宅後すぐに手洗い・うがいができる、②ロフト奥側と玄関の上部を吹き抜けとし、24時間換気稼働、③室内の壁紙は抗ウイルス壁紙を採用、④可動式カウンターを壁に設置しリモートワークに対応。

 

モノトーン調のスタイリッシュなデザインの一人暮らし用アパートで、販売開始は2020年12月から予定している。同社では、入居者の生活スタイルの多様化に合わせて、商品開発を推進。今後も対応を続けていくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ