Anjo 孤独死に特化した遺品整理保険を販売スタート 

 

Anjo(大阪・生野、長谷川博之社長)は、孤独死による遺品整理と原状回復に特化したオーナー向け少額短期保険「エンディング費用保険」を販売開始した。個別約款による遺品整理に特化した単品少額短期保険は業界初となる。

 


画像=写真ACより

 

居室内での孤独死に関しては、原状回復費用、遺品整理費用、遺品整理業者の手配で最大100万円まで、居室外での死亡では、遺品整理費用と業者手配で最大50万円まで補償する。保険料は1居室あたり年額2000円と低価格を実現した。

 

同社の長谷川社長は、遺品整理・原状回復・特殊清掃を担当する中、数多くの孤独死の現場に遭遇。家主や遺族への負担やそれに不随するトラブルを防ぎたい想いが、今回の保険の企画につながったという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ