タスキ 不動産業界のDXを推進する新部署を設立 

 

タスキ(東京・港、村田浩司社長)は、不動産価値流通プラットフォーム「タスキTech」の構築を目指し、2020年11月に新部署であるDX戦略研究室を立ち上げた。

 


画像=写真ACより

 

同部署では、「タスキTech」の開発を担当する。立ち上げに至ったのは、大規模なシステム開発・導入を自社で行うことが難しい小規模事業者が多い不動産業界全体のテクノロジー活用を牽引する必要性があると判断したため。

 

今後、デジタル人材の採用や外部パートナーとの連携を積極的に進め、不動産業界のデジタル化を推進するサービス創造を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ