タウンキッチン 阪急京都線の高架下に郊外型ワークプレイスを開設 


タウンキッチン(東京・小金井、北池智一郎社長)は、阪急電鉄を連携し、京都市西京区に位置する阪急京都線洛西口~桂駅間の高架下に郊外型ワークプレイス「SHARE DEPARTMENT(シェアデパートメント)」を2021年2月に開設する。



画像=プレスリリースより


同社では、東京多摩エリアを中心に、空きスペースの利活用による郊外のまちづくりで実績を積んできた。新たな地域ニーズに応えるべく、郊外型ワークスペースの事業エリアを全国に拡大していくという。京都はその第1弾。


今後も新たな働き方の拠点を作り、地域住民によるスモールビジネスの企業や主婦による小商い、テレワークによる職住近接の実現を目指していく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ