sumasapo 賃貸向けサービスの資金調達として株式投資型クラウドファンディングに挑戦 


sumasapo(東京・出川久敏社長)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINO(ファンディーノ)」において、賃貸生活サポートサービス「住むサポ」の開発体制強化の資金調達を目的として、投資申し込みの受付を10月28日からスタートする。



画像=「FUNDINO」サイトのプロジェクトページより


「住むサポ」は、入居者がチャットで賃貸に関するトラブルを相談できる窓口や、賃貸契約書のデジタル保管、電気やガス等のライフライン手続き代行など生活全般をサポートするアプリ。賃貸管理会社とデータ共有も可能で、入居者管理ツールとして活用されている。


クラウドファンディングの募集期間は2020年10月28日~10月30日で、募集額の上限は40,050,000円(1口9万円、1人5口まで)。


同社の計画としては、2021年4月には約3万世帯、2024年には約34万世帯までユーザー拡大を目指す。それに伴うカスタマーサポート体制強化のため、2024年度中をめどに、AIによるトラブル相談システムも導入する計画だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ