トリプル・エージャパン 不動産会社とユーザーの賃貸マッチングアプリをリリース 


トリプル・エージャパン(福岡・中央、石井寛社長)は、不動産会社とユーザーのマッチング形式による部屋探しアプリ「revue(レビュー)」をリリースした。

 


画像=「revue(レビュー)」Webサイトより

 

同アプリでは、部屋を探しているユーザーの希望エリアや条件などに合わせて自動的に物件の提案を行う。その後、ユーザーが登録すると、各不動産会社に通知が届き、担当者がチャットの返信を行うことでマッチングにつながる。

 

同社では、アプリの登録不動産会社に対して2020年12月31日までアプリ内専用システムを無償提供する。専用システムは、不動産会社側と同アプリ内の物件データを直結し、マッチング後のユーザーとチャットを行う仕組み。各社のホームページ内に設置すれば、専用の相談窓口としても使える。

 

また、入居申込書の作成、TVチャットを使ったリモート内覧や重要事項説明にも利用可能だという。物件の対象エリアは福岡からスタートし、関東、中部、関西と順次エリア拡大していく予定だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ