パナソニック ホームズ サブリーススキームを障がい者福祉施設向けに拡充

 

パナソニック ホームズ(大阪・豊中、井上二郎社長)は、子会社のパナソニック ホームズ不動産がオーナーから最長30年間土地・建物を一括借り上げし、運営事業者にサブリースする「ケアリンクシステム」において、初めて障がい者福祉施設運営事業者と業務提携を締結した。

 


画像=プレスリリースより

 

サブリースの提携先は、ソーシャルインクルーと恵(めぐみ)の2社。今回、サブリース対象を障がい者福祉施設に拡充した背景には、障がい者数の増加に対して、受け皿となるグループホームが圧倒的に不足していることが挙げられる。

 

同社では、高齢者住宅・介護住宅の運営で得たノウハウをもとに、障がい福祉施設の安定経営を実現していきたい考え。今後、建物の建築請負と運営事業者を組み合わせた土地活用提案を行い、2020年度で20棟の受注を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ