「おいしい公共食堂の教科書」

役所や図書館といった「公共施設」に入っている食堂は、どんな雰囲気でどんなメニューがあるのでしょうか。


今回は、シリーズ初の官公庁である「特許庁」の食堂に行ってきました。(リビンマガジンBiz編集部)

数々の特許が生まれる特許庁は、東京メトロ「霞ヶ関駅」から徒歩7分、「溜池山王駅」、「国会議事堂前駅」から徒歩5分、「虎ノ門駅」から徒歩4分という、まさに日本の中枢の周辺に位置しています。では行ってみましょう。

特許庁に到着

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

到着しました。こちらが特許庁です。16階建ての立派な建物です。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

入口で手続きを済ませてロビーからこちらの階段で地下へ降ります。特許庁には、「第一食堂」と「第二食堂」2つの食堂があります。今回は2つの食堂への取材しました。

第一食堂「レストラン アターブル」

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

第一食堂の「レストラン アターブル」さんは定食をメインとする食堂です。メニューは主に日替わりメニューを中心に多種多様なメニューが用意されています。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

 

早速店長さんへご挨拶をしました。

―こちらの第一食堂はやはり職員さんが沢山いらっしゃるんですか?

店長「はいそうですね、職員さんは沢山いらっしゃいますね、他にも周辺のビルからいらしていただく方もいますし、申請書類を提出しにきた方も多くご利用いただいていますね」

―なるほど。オススメのメニューを教えてもらっていいですか?

店長「和風も洋風もありますけど、本日は築地から仕入れたカツオを使った“カツオのサラダ風たたき”、がオススメです。他には、肉豆腐も人気なんですよ。私、昔日本料理をやっていたので美味しいですよ」

―あ、ではカツオと肉豆腐でお願いします!

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

 

こちらが“カツオのサラダ風たたき”

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

こちらが肉豆腐です。2品も出していただきました。では早速食べてみましょう。

うん、やはりカツオは夏が旬ですよね。プリプリですごく美味しいです!サラダドレッシングをかけて食べたのですが、さっぱりとしてカツオの身によく合っていました。肉豆腐も半熟卵を溶かしながら食べるとこれもまた美味しいです。

―メニューもご自分で決められているんですか?

店長「はい、そうなんですよ」

―これだけのメニューを毎日決めるのは大変ですね。ありがとうござました!

第二食堂「ながとも」


つづいては第二食堂へ、第二食堂「ながとも」は麺類を中心とした食堂のようです。

 

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)


こちらも店長さんへお話を聞きました。

―外のメニューを観させていただいたんですけど、オススメはやはり麺系ですか?

店長「そうですね、特に蕎麦ですね。出汁にはこだわっています。自信ありますよ」

 

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

―たしかに、よくある街の蕎麦屋さんみたいです(笑)私、蕎麦が好きなので、蕎麦好きにはたまりません。

店長「まだ5月にオープンしたばかりなので模索しながら試しています」

―夜はお酒も呑めるんですね。ボトルキープできるんですか!?

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

―官公庁の食堂でボトルキープ…してみたいですね(笑)ボトルキープされる方はいるんですか?

店長「多少は、います(笑)それではお蕎麦つくりますね」

―楽しみです。ありがとうございます。

待つこと数分、天ぷら蕎麦を出してもらいました。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

さすが蕎麦にこだわる「ながとも」さん、自信があるだけあって美味しそうです。いただいてみましょう。

なるほど!たしかにコシのある風味豊かな蕎麦に、出汁の効いた麺つゆ、これは美味しいです!天ぷらも身がしっかりと詰まった、衣がサクッとして本格的です。おいしい天ぷら蕎麦、という印象が強かったです。本格蕎麦屋の味がしました。

店長「来月から新しく女性向けに新しいお弁当のメニューを出そうと思っているんです」

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

―七穀うどんの彩り弁当!いいですね。いろいろな種類のものが食べられて女性受けしそうですね。甘味の新メニューも嬉しいですね。

店長「はい、リーズナブルに美味しいものを多くの女性の皆さんに食べていただけるように考案しました」

―ありがとうござました!

特許庁と聞くと、なかなか入りづらそうなイメージがありますが、どちらの食堂もこだわりと、なによりもお客さんに満足をいただけるように努力をされている印象を強く受けました。日本の中枢、霞ヶ関で、みなさんもお近くにきた際はぜひご利用してみてください。ではまた。

今回お邪魔したお店


①「第一食堂 レストラン アターブル」

②「第二食堂 ながとも」

住所:

東京都千代田区霞が関3丁目4番3号 特許庁庁舎 B1F


電話:

03-3506-7670

②03-6550-9040

最寄り駅:

地下鉄霞ヶ関駅A13出口より徒歩7分

地下鉄国会議事堂前駅3番出口より徒歩5分

地下鉄虎ノ門駅5番出口より徒歩4分

地下鉄溜池山王駅8番出口より徒歩5分

虎ノ門駅から385m

営業時間:

①11:00~14:00(定休日:土、日、祝および12/29~1/3)

②11:00~14:0017:00~20:00(定休日:土、日、祝および12/29~1/3)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ