不動産テック企業 資金調達額ランキング 2021

日本の不動産テック企業36社(※)について、資金調達の総額を高い順にランキングしました。併せて、2020年における海外不動産テックの大型資金調達ランキングについてもご紹介します。不動産テックは不動産事業にIT技術を取り入れた新しい分野で、海外ではプロップテックとも呼ばれています。コロナ禍で注目を浴びる不動産テックの動向について考察しました。(リビンマガジンBiz)

※注1=編集部基準

集計方法
・企業公式サイト、プレスリリース、新聞、調査会社などの報告を元に作成
・公開されている調達額の合計をランキング化
・日本の国内企業限定
・2021年8月10日時点の集計

1位はGA technologies 過去一年で新たに資金調達した会社は7社

 

1位はGA technologiesで、2021年1月に公募増資などで最大135億円を調達すると発表しました。調達総額はわかっているだけで136億3,500万円となります。GA technologiesは中古不動産の総合情報サイト「RENOSY(リノシー)」のほか、セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」、中華圏投資家と日本不動産のマッチングサイト「神居秒算」などを運営しています。

コロナ禍でオンラインによる不動産ビジネスに注目が集まっていますが、GA technologiesは不動産テック企業の中でも特に高額の資金調達を発表しています。時代を追い風に攻勢をかける気概が感じられます。

2位はフォトシンスで、2021年7月に、第三者割当増資により、新たに総額17億5,000万円の資金調達を実施しました。これまでの資金調達総額は約70億円になります。同社のサービス「Akerun」は、物理的なカギを使わない非接触型の入退室管理システムで、すでにある扉に装置を後付けすることが可能です。累計5,000社を超える企業で導入実績があり、リモートワークでオフィスの鍵の管理方法が課題となる中、ITによる解決法を提示しています。

フォトシンスは昨年の同様の調査でも2位にランクインしており、今年も引き続き活発な資金調達を行って事業を拡大させている様子が窺えます。

資金調達額ランキング1~10位は以下のようになっています。

調査した36社中、2020年8月~2021年8月の1年間で、新たに資金調達を行ったのは、「GA technologies」「フォトシンス」「MFS」「ルームクリップ」「Nature」「ツクリンク」「トラス」の7社でした。

2020年の海外不動産テック企業資金調達ランキングTOP5

 

2020年における海外プロップテック企業の資金調達額上位5社についてご紹介します。

1位は駐車場活用サービスを手掛けるREEF Technologyで、7億ドル(775億円)となりました。同社はマイアミで創業し、駐車場管理のほか、使われていない駐車場や駐車用の建物に小売店舗などを設置して有効活用するサービスを展開しています。資金調達元となったのは複数の企業連合ですが、アメリカの不動産テック企業への巨額投資でおなじみのソフトバンクも参加しています。

ソフトバンクは去年、コワーキングスペース運営のWeWorkに115億ドル(約1兆2,242億円)もの支援をして話題となりました。ソフトバンクグループの孫正義社長はWeWorkへの投資は失敗だったと認めていますが、引き続きアメリカのプロップテック企業への投資に意欲的な様子が窺えます。

2位はPacasoで、2億6,700万ドル(295億円)の資金調達を行いました。同社はサンフランシスコに拠点を置き、別荘の共同所有サービスで急成長しています。仕組みとしては、まずPacasoが別荘を購入、その後は地元の不動産会社と連携して、別荘の8分の1程度の持ち分を希望者に売却します。購入者は格安で別荘を利用でき、独自のスケジューリング技術により希望する時にアクセスすることが可能です。同社への投資家としては、スターバックスの元CEOであるハワード・シュルツ、アマゾンの幹部であるジェフ・ウィルケなどがいます。

パンデミックにより、ITテクノロジーの活用が必要不可欠となる中、海外の不動産テック企業に対しては、引き続き活発な投資が行われているようです。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ