上場している住宅建設会社 社員数増加ランキング

上場住宅メーカー31社(※)を対象に、5年前と比較して、正社員数が大幅に増えた企業をランキング形式でご紹介します。また、増加数とあわせて増加割合も調査しました。住宅建築には多くの人員が必要なため、住宅メーカーは社員数が多い傾向がありますが、2016年ごろと比べて特に規模を拡大させた企業はどこなのでしょうか。(リビンマガジンBiz編集部)

※注=編集部基準

集計方法
・「正社員数」は、2020年7月期~2021年6月期の各社の有価証券報告書より集計
・「5年前正社員数」は、有価証券報告書記載の2015年7月期~2016年6月期時点の正社員数を集計
・連結決算の場合は連結数値を採用

 

画像=写真AC

 

5年前より正社員を3,000人以上増やした住宅メーカーは4社 1位は大和ハウス工業

 

順位 会社名 正社員数
2021年6月期時点
正社員数
2016年6月期時点
5年前比正社員
増加数(人)
5年前比正社員
増加率(%)
1 大和ハウス工業 48,807 37,191 11,616 31%
2 積水ハウス 28,362 23,089 5,273 23%
3 飯田グループホールディングス 10,134 6,386 3,748 59%
4 住友林業 20,562 17,001 3,561 21%
5 大東建託 17,422 15,692 1,730 11%
6 長谷工コーポレーション 7,415 6,136 1,279 21%
7 ヒノキヤグループ 3,058 2,148 910 42%
8 タマホーム 3,491 2,966 525 18%
9 三栄建築設計 958 492 466 95%
10 Lib Work 244 87 157 180%

 

1位は業界売上ナンバーワンの大和ハウス工業で、5年前よりも正社員を1,1616人増やして48,807人となりました。同社は災害の多い国日本に向けた住宅として、地震に強く、かつ、断熱性・耐久性・遮音性を高めた注文住宅「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」などを販売しています。

元々の企業規模が大きいので、1万人以上増やしても増加率は31%にとどまりますが、5万人近い社員を養って雇用創出に貢献しています。東京ドームで行われる野球の試合の観客収容人数が最大4万6,000人ですので、1度に全社員がドームで野球観戦できないというほどのマンモス企業です。

2位は積水ハウス(5年前比+5,273人)、3位飯田グループホールディングス(5年前比+3,748人)、4位住友林業(5年前比+3,561人)と、名だたる大手住宅メーカー4社が5年前よりも3,000人以上社員数を増やしました。中でも、飯田グループHDは5年前6,386人だったのが、2021年3月期には10,134人となり、増加率59%と大きく成長を遂げています。

正社員増加率1位はLib Work 増加率は180%

 

順位 会社名 5年前比正社員
増加数(人)
5年前比正社員
増加率(%)
1 Lib Work 157 180%
2 シード平和 89 106%
3 三栄建築設計 466 95%
4 安江工務店 74 67%
5 飯田グループホールディングス 3,748 59%
6 アールシーコア 100 52%
7 ヒノキヤグループ 910 42%
8 ファーストコーポレーション 44 42%
9 大和ハウス工業 11,616 31%
10 サンユー建設 34 31%
11 エムビーエス 25 30%
12 ハウスフリーダム 49 30%
13 積水ハウス 5,273 23%
14 フィット 14 21%
15 住友林業 3,561 21%
16 長谷工コーポレーション 1,279 21%
17 ファースト住建 60 20%
18 サンヨーホームズ 134 18%
19 タマホーム 525 18%
20 グランディハウス 116 17%
21 大東建託 1,730 11%
22 NITTOH 35 9%
23 ルーデン・ホールディングス 5 8%
24 土屋ホールディングス -40 -5%
25 ウエストホールディングス -42 -10%
26 日本ハウスホールディングス -206 -14%
27 ミサワホーム中国 -92 -16%
28 東建コーポレーション -992 -16%
29 ナック -517 -25%
30 Robot Home(旧TATERU) -56 -26%
31 レオパレス21 -2,764 -35%

 

5年前からの正社員増加率が100%越えをしたのは2社で、1位がLib Work(増加率180%)、2位がシード平和(増加率106%)となっています。

Lib Workは熊本県山鹿市に本社を置き、土地検索サイト「e土地net」や平屋住宅専門サイト「e平屋net」など、住まいに関する様々なポータルサイトを運営するほか、オンラインやVRを活用した住宅・不動産販売を行っています。かつてはエスケーホームと言う社名でした。

元々、堅実な成長を遂げていましたが、コロナ禍によりITに強い同社の特長が活かされ、さらに勢いが増しました。正社員数は5年前に87人だったのが244人と大幅にアップしています。

調査した31社のうち、5年前よりも社員数がアップしたのは23社となりました。逆に社員数を減らしたのは8社で、施工不良問題が大きく取りだたされたレオパレス21が-2,764人、-35%となり、社員減少数・減少率ともに1位となっています。問題発覚後、信頼を回復できないままコロナ禍に突入してしまったのが大きく影響しているようです。

 

順位 会社名 正社員数
2021年6月期時点
正社員数
2016年6月期時点
5年前比正社員
増加数(人)
5年前比正社員
増加率(%)
11 サンヨーホームズ 884 750 134 18%
12 グランディハウス 799 683 116 17%
13 アールシーコア 293 193 100 52%
14 シード平和 173 84 89 106%
15 安江工務店 184 110 74 67%
16 ファースト住建 367 307 60 20%
17 ハウスフリーダム 214 165 49 30%
18 ファーストコーポレーション 148 104 44 42%
19 NITTOH 423 388 35 9%
20 サンユー建設 143 109 34 31%
21 エムビーエス 107 82 25 30%
22 フィット 80 66 14 21%
23 ルーデン・ホールディングス 69 64 5 8%
24 土屋ホールディングス 767 807 -40 -5%
25 ウエストホールディングス 360 402 -42 -10%
26 Robot Home(旧TATERU) 156 212 -56 -26%
27 ミサワホーム中国 491 583 -92 -16%
28 日本ハウスホールディングス 1,267 1,473 -206 -14%
29 ナック 1,583 2,100 -517 -25%
30 東建コーポレーション 5,283 6,275 -992 -16%
31 レオパレス21 5,082 7,846 -2,764 -35%
 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ