2018年7月に入り、多くの3月期末決算の企業が決算情報を公開しています。そこで、上場している不動産企業106社(※)を対象に、従業員の平均年間給与をランキング形式で発表します。(リビンマガジンBiz編集部)

※注=編集部基準

(画像=写真AC)

→ランキング結果はこちら

年収1,000万円超えは7社 業界全体の平均給与は?

集計の結果、平均年間給与が1,000万円以上の企業は7社あることが分かりました。

1位は首都圏のビル売買や管理を手がけるヒューリックで、平均年間給与は1,531万円でした。自社開発ビルの売買が好調のうえ、既存ビルの賃料も増額できたため、2期連続して増益しています。好調を背景にして、平均年間給与も前年期と比べて112万円増額しています。

2位は、商業用施設の建設や、用地仕入れなどを行う日本商業開発で、平均年間給与は1,369万円でした。前年期からの増額は、今回調査した106社の中で最も高い388万円でした。同社が主軸として展開している「JINUSHIビジネス」は、購入した土地をテナントに貸し、テナント自身が建物を建て、その土地を売るという独特のビジネスモデルです。私募REIT事業なども順調に伸長しています。

3位以下で年間平均給与が1,000万円以上の企業は下記の通りです。

3位:三菱地所          1,229万円

4位:東急不動産ホールディングス 1,195万円

5位:三井不動産         1,113万円

6位:ランドビジネス       1,035万円

7位:野村不動産ホールディングス 1,014万円

業界全体の平均年間給与は670万円で、前年期よりも15万円増額していました。

→ランキング結果はこちら

年収が100万円以上増額した企業一覧

また、今回集計した企業を対象に、前年期と比べて給与が100万円以上増額した企業をランキング形式でまとめました。

1位は先述した日本商業開発の388万円で、2位はプロスペクトの248万円、3位はAPAMANの165万円と続きます。

なかでもAPAMANは、堅調に増加する管理料収入に加え、新たな事業であるコワーキング事業が利益に貢献し、売上を大きく伸ばすことができています。これまでの業態に加えて、時流を見定めた新規事業が功を奏した形となりました。

集計方法

・2017年4月から~2018年3月期までの期間で報告されている企業の決算書・有価証券報告書をもとに集計

・賞与も含まれています。

次ページ:まずは1位から25位

    

「不動産業界ランキング」 記事一覧はこちら
 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ