■作品名:アニメ「めぞん一刻」

■原作者:高橋留美子

■放送局:フジテレビ系列

■放送期間:1986年3月26日 – 1988年3月2日

高橋留美子原作の青春ラブコメディ漫画「めぞん一刻」は、後にアニメ版も作られ、多くの心に残っている。

「一刻館」という古い寮が舞台だ。そこに下宿する冴えない浪人生・五代裕作と管理人としてやってきた未亡人・音無響子の恋愛模様を軸に、個性豊かな登場人物たちの生活が、笑いを交えて描かれている。

言わずと知れた、1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品だ。


めぞん一刻15巻 (画像=リビンMagaZine編集部撮影)

原作の連載開始は80年、今から37年前だ。当時、夢中で読んでいた中高生は、今では50代後半になっている。

サラリーマン大家という言葉が浸透している現在、「めぞん一刻」ファンの中にアパート経営をしている人は多いのではないだろうか。

「一刻館」あるいは「メゾン(めぞん)一刻」と名を冠するアパートは存在するのだろうか?

不動産ポータルサイト「HOME’s」で調べてみると、掲載されている物件だけでも、なんと63棟もあるではないか!

(9月27日時点)

サイトに掲載された写真を見る限り、そのほとんどは、原作と似たような2階建てのアパートであった。

原作者の高橋留美子は、「めぞん一刻」を、前作にあたる「うる星やつら」から路線を変更し、純愛色の強いコメディ作品に仕上げた。

少年雑誌で連載されるラブコメ作品の草分け的存在とされ、「めぞん一刻」は多くのファンを獲得し、アニメ化、実写化された。

アニメでは、漫画原作との相違点もある。

青年雑誌で連載していた原作では、ラブホテルに入ったり、ベッドシーンがあったり、実は性描写も多かったが、アニメではマイルドにされている。

舞台になっている「一刻館」は築70年のオンボロアパートだ。

トイレは共用で風呂場はない。雨漏りの修理で天井に登るなど、今では見かけなくなった昭和らしさが何とも新鮮だ。

それにしても、アパートを建てる際に「めぞん一刻」が頭に浮かぶ人は多いのだろうか?確かに、「一刻館」は、最も有名なアパートの一つともいえる。

しかし、実際に名付けるとなると話は変わってくる。

もし入居者だったら、住所を書く際に躊躇してしまいそうだ。

それでも名付けたくなるほど、熱心なファンがいることが、ある意味、この漫画・アニメのスゴさを裏付けている。

敬称略

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ