映画:『恋する惑星(原題:重慶森林)』(1994年・香港)

監督・脚本:ウォン・カーウァイ

出演:トニー・レオン、フェイ・ウォン、ブリジット・リン、金城武


映画に出演しているフェイ・ウォン (画像=Photos For Class)

香港映画と言えば、ブルース・リーやジャッキー・チェンに代表されるカンフー映画ばかりが頭に浮かぶ。

この『恋する惑星』はそれまでの香港映画とは一線を画す、若者の恋愛模様をスタイリッシュに描いた傑作だ。

クエンティン・タランティーノも絶賛し、監督したウォン・カーウァイの名を世界中に知らしめた作品となった。

香港の九龍(クーロン)・尖沙咀(チムサーチョイ)地区にある複合ビル、重慶大廈(チョンキンマンション)を舞台にし、オムニバス形式で2つのストーリーが続く。

前半は、エイプリルフールに恋人から別れを告げられた警官223号(金城武)と逃亡中のドラッグ・ディーラーである女(ブリジット・リン)との一瞬の恋を描く。

後半は、スチュワーデスの恋人に逃げられた警官663号(トニー・レオン)が行きつけの飲食店である「ミッドナイト・エクスプレス」の店員(フェイ・ウォン)と交わすプラトニックな恋を描いている。

とりわけ、後半の評価が高い。

鮮烈だった90年代的アジアの女性像

ある時、フェイ・ウォン扮する店員は、663号の元彼女であるスチュワーデスから「彼に渡して」と部屋の鍵を受け取る。

巧妙に663号から住所を聞き出し、食事中を見計らって部屋に忍び込む。

いたずら心で部屋の中の掃除や模様替えを行ったり、スチュワーデスの制服を着たりする。

このフェイ・ウォンの無邪気な演技がとにかく魅力的だ。

手持ちカメラでの躍動感ある映像やスローモーションを使った撮影法などが斬新で、香港のビル街を美しく描いた映像は、2人の警官の恋愛を繊細にとらえている。

画面のトーンも青を基調にしており、スタイリッシュさに拍車をかけている。


重慶大廈の入り口 (画像=Photos For Class)

作品で使われた重慶大廈は香港を代表する多国籍ビルだ。

両替商や飲食店、携帯電話、床屋など数多くの人種が集まり、それぞれがコミュニティを形成している。その上には、激安のゲストハウスが並ぶ。世界中からバックパッカーが集まる場所でもある。

様々な人種が入り乱れる香港を象徴したような建物だ。

香港は、どこを見渡しても高層ビルばかり。 

土地が少ない香港では、限られた土地を有効に使うため集合住宅が一般的だ。

さらに、集合住宅を新築する場合は、20階建て以上でなければいけないという。


高層マンションが密集している (画像=リビンMagaZine編集部撮影)

作品中に登場する663号の部屋は、2~3室あるように見受けられる。

床も壁もすべてコンクリートに覆われた無機質な部屋だ。

土足やシャンデリアなど、室内の所々でイギリス領だった名残が見える。

世界で一番家賃が高い香港で、どうやってこんな広い部屋を借りられるだろうか。少し疑問が残る。

出演しているフェイ・ウォンが歌う「夢中人」も透明感溢れる歌声で映画に華を添えた。

それにしても、本作のフェイ・ウォンの美しさには目をみはる。

大きな目に、ベリーショートの髪。白く透き通った肌に、ほっそりとして、しなやかな手足。

小悪魔的な魅力は、従来のアジア的な女性像からは、かけ離れていて、ましてや欧米の真似事ではない。

ただただ、90年代的な女性だったと言える。

作品は、2組の男女がすれ違いながら、どこかせつなく、初恋のように純粋で、ポップな映画だ。

疲れて眠ってしまう2人 (画像=Photos For Class)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ