オープンハウス 太陽光発電事業に参戦

第1期取得予定発電所一例(群馬県)画像=プレスリリースより

 

オープンハウスグループ(東京・千代田)は、太陽光発電事業を始める。「オープンハウスグループ脱炭素プロジェクト」と題した事業は、再生可能エネルギーの普及に貢献することを目的として行われるもので、昨年11月には中長期的なGHG(温室効果ガス)排出削減目標を設定していた。さらに、今年10月1日より、オープンハウスグループの戸建住宅の購入者向けに、使用電力のCO2排出量を、実質ゼロとする電力のCO2フリーメニューを導入していた。

これにより同社、「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)」提言に基づく情報開示に伴い、Scope1,2,3に拡大したとしている。

オープンハウスグループは、「持続可能な社会の実現に事業活動を通じて貢献するとともに、企業の持続的成長を目指す「サステナビリティ」を推進しており、重点課題(マテリアリティ)に掲げる「環境保全」において、気候変動問題に真摯に取り組むことを明記しております。 この度、これまでの脱炭素プロジェクトを更に進め、当社グループとして再生可能エネルギー由来の電力を創出することを目的として、太陽光発電事業を開始することといたしました」としている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ