三井不動産 オリンピック選手らともに北海道でグイマツ植える

画像=プレスリリースより

三井不動産(東京・中央)、は、一般財団法人冬季産業再生機構(東京・港)、公益財団法人日本オリンピック委員会アスリート委員会とともに、2022年10月21日に北海道上川郡美瑛町の三井不動産グループの保有林にて植林研修活動を実施したと発表した。

植林研修活動では、冬季産業再生機構とJOC アスリート委員会によって2022年3月に立ち上げられた『SAVE THE SNOW ~be active~』プロジェクトが、活動の主旨に賛同し、JOC アスリート委員をはじめとする8名のオリンピック選手が植林研修活動に参加したという。三井不動産従業員等と共に植林を行った。植林したのは、約500本のグイマツ。

 

JOCアスリート委員会 高橋成美副委員長(プレスリリースより)

 

冬季産業再生機構 皆川賢太郎代表理事(プレスリリースより)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ