オープンハウス・アーキテクト開発のアプリがグッドデザインを受賞

 

画像=オープンハウス・アーキテクトのプレスリリースより

 

オープンハウス・アーキテクト(東京・中野)が開発する現場施工管理アプリ「Architect Jump(アーキテクト・ジャンプ)」が、2022年度のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。

アプリは建築現場で働く人向けに開発されたもので、電子取引の導入を支援するもの。建築案件の受注や発注、請求までをアプリ上で管理でき、請求状況を即座に確認できる。契約業務だけでなく、工事の進捗や現場図面などの情報も共有でき、ペーパーレスでスムーズな働き方ができる状態を目指している。

オープンハウス・アーキテクトでは、「取引していただいている業者・大工の皆様と当社の監督が、より円滑なコミュニケーションを築くことが可能となり、現場施工管理アプリとして簡単に操作できます。」として、受賞を受けて、「今後も建築DXによる業務効率化に努めてまいります」と発表している。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ