(画像=リビンMagaZine Biz編集部撮影)

2018年の8月6日は「ハムの日」だ。

朝食。パンの付け合わせとして出されることが多いハム。あらためてハムとはどういう食品かご存知だろうか。

ハムは、簡単に言えば「塩漬けされた肉」のことになる。混同されがちなソーセージ、ベーコンなどの加工肉も、同じく塩漬けされた肉だ。

しかし、それぞれの加工方法に大きな違いがある。ソーセージは塩漬けした肉を挽肉にし、練り合わせたもので、ベーコンは塩漬けした肉の塊をそのまま燻煙したものだ。そしてハムは、燻煙してからさらにボイルしたものになる。しかし、ひとえにハムいっても、生ハムや骨つきのハムなど、ボイルをしないで作るものもある。

もともとは寒い冬の期間に、豚肉を保存するために生み出された方法だといわれるハムだが、現在はさまざまなタイプのハムを楽しむことができる。

ハム・ソーセージ・ウィンナーのなかで最も早く日本の台所にあがったのはハムが1番早かったと言われている。

1863年、開国して間もない横浜に、英国人ウィリアム・カーチスが上陸。明治7年(1874年)、鎌倉郡川上村柏尾に自ら開いた観光ホテルの裏に牧場を作り、ハム、ベーコン、牛乳、バターの製造を始めたのが最初だ。以来、100年以上にわたって日本人に親しまれてきた。

日ハムの本拠地移転先「北広島」とは?

日本におけるハムメーカーといえば、シェア最大手のニッポンハムが浮かぶ人が多い。ハムをはじめとした加工肉以外にも、食肉販売など幅広く手がけている会社だ。

ニッポンハムはプロ野球チーム・日本ハムファイターズを所有しており、抜群の知名度を誇っている。1973年に球団が誕生した当初、本拠地は東京にあったが、2004年に北海道の札幌に移転した。

札幌移転から14年。日本ハムファイターズの本拠地が改めて変わろうとしている。その移転先が同じく北海道にある北広島というところだ。

北広島という地名はききなれない方も多いかもしれないが、広島の人々によって開拓されたことから、北広島というそうだ。北広島の駅は快速を使えば札幌駅まで10~15分とアクセスも良く、北海道の空の玄関口である新千歳空港へのアクセスも抜群だ。

アクセス以外にも、北広島は自然環境が豊かで、駅周辺にも病院やスーパー、銀行など生活に必要な店舗も並び、住みやすさもある。

新球場は野球だけでなく、ショッピング施設なども併設した総合ボールパークとして企画されており、試合のない日でも多くの集客が期待されている。

球場を中心に、周辺への波及効果も期待されており、現地では早くも不動産開発の計画が多数立ち上っているようだ。

本拠地は2023年に移転される予定だ。

北の大地のホットな話題がしばらく不動産市場を賑わせそうだ。

(敬称略)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ