614日は作家の「椎名誠が生まれた」日である。

椎名は1944年生まれで、73歳になる今も人気作家として健筆をふるっている。

数多ある著書の中でも、1985年に出版された「岳物語」がつとに有名だろう。

自身の息子である岳の成長を描いたエッセイでベストセラーとなった。

わんぱくな息子の成長を見守る父親の姿に共感の声が多く、続編も出版され、息子に「岳」という名前を付ける親が続出したという。

しかし、当の本人は大きくなってから、自分のことをあれこれ書かれたことに、怒っていたという。

あれだけのベストセラーになると、自分のことを事細かに知っている人が日本中にいるわけで、確かに大変だろう。

この作品のように、椎名誠の作品は、家族がテーマになっているものが多い。

エッセイや小説以外にも、紀行文が有名だ。シベリアやオーストラリア、アマゾン、キリマンジャロといった過酷な環境の地域に何度も行っている。

海外に多く出向いているからこそ、自身の家づくりには、こだわりを持っているという。

インタビューでこう語っていた。

「(日本は)日当たりばかりが重視されていたけれど、僕は実地体験から風が大切なんだって知っていた。外国に行く機会が多いので、いろいろな国の家造りの工夫を見たりします。例えばバリ島の家なんか、石造りで頑丈にできているんだけれど、実に涼しい。」(日経ビジネスオンライン)

自身の家も風の通り道を一番に考えて建てたという。

 

バリ島の住宅 (画像=pixabay)

風通しの良さには、快適さだけでなく、家族との会話や意思疎通のしやすい暮らしを求めていたのだろう。

「岳物語」の影響で一時、息子との関係が良くなかったからこそ、そういった家づくりを考えたのではないだろうか。

息子は「岳物語」を発表した椎名誠と同じ年齢に達し、親になったことで、椎名を理解し、和解することができたと語っている。

世界中を旅した経験と家族との関係を住宅に置き換えた椎名誠だ。

椎名の家には自身の経験が詰まっているのではないだろうか。

敬称略

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ