プロパティエージェント 集合住宅全体に顔認証サービスを導入したマンションを竣工 

 

プロパティエージェント(東京・新宿、中西聖社長)は、エントランスだけでなく集合住宅全体に顔認証サービスを導入したマンション「クレイシアIDZ学芸大学」を竣工した。

 


画像=プレスリリースより

 

入居者は、同社子会社のDXYZが開発した顔認証IDプラットフォーム「FreeiD」のアプリに登録し、マンションに設置されている顔認証端末に顔をかざすと、エントランスの入場、メールボックス、宅配ボックスの解錠、エレベーターの呼び出し、自室への入室が可能になる。また、鍵貸し機能を使って、家族や知人に一時的な入室権限を付与することもできる。

 

この顔認証サービス「FreeiD」については、今後、タクシーや飲食店などあらゆる場所で利用できるように拡大を目指していくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ