日経新聞を読まない君たちへ

「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となくLINEニュースなどで済ませている人も多いのではないでしょうか。


そこで、最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。第8回目は、前回(こちらから)に引き続き、有効求人倍率と失業率について紹介しますよ。不動産ビジネスと大いに関連している労働関連の指標について、学びましょう。(リビンマガジンBiz編集部)

画像=写真AC

今回は、失業率と有効求人倍率のお話の続きをします。不動産業界と深い繋がりを持つ数字なので、これくらいは知っておいてね。

前回記事はこちらから

この2つの経済指標は、言ってみれば、仕事があるかどうか、つまり雇用の状態を知るためのものです。簡単に復習すると、

完全失業率=働く意欲がある人のうち、失業中で仕事を探している人の割合

有効求人倍率=休職中の人1人に対して、何件求人があるか。「1」を超えると人手不足

ということでした。

 
2019年3月の完全失業率は2.5%。有効求人倍率は1.63倍。08年のリーマン・ショックの後、2つの指標は非常に悪くなりましたが、それ以降、改善が続いています。

で、これが不動産業界にどう影響しているのでしょうか。

▶2ページ目:労働関連数値の不動産市場への影響に驚き!?

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

経団連ってナンだ?
2021年07月05日

経団連ってナンだ?

このコラムニストのコラム一覧へ