1ページ目に戻る

日経平均2万円」で心が落ち着く人たちがいる

                                                                              株価が上がれば心落ち着く 画像=写真AC

最後に、「日経平均2万円」が投資家にとってどれだけ愛おしい数字なのか、確認しておきます。

昭和のバブルが絶頂を迎えた1989年12月、日経平均は3万8915円の過去最高値をつけました。現在に至るまでこれが最も高い値です。その後、バブル崩壊と共に日経平均も暴落しました。00年前後のITバブル期にいったん2万円を回復しましたが、またすぐに低迷。再び2万円に達したのは、それから15年後の15年4月でした。長い時間をかけて回復してきただけに、投資家としては2万円の大台は維持したいところです。

不動産業界だって思いは同じ。株価の下落は、不動産会社やデベロッパーの資金調達に影響しますし、「株で設けたおカネで不動産を買おう」という個人投資家も市場からいなくなります。さて、次の元号ではどんな相場が待っているのでしょうか。

筆者:大学院卒業後、新聞社を経て経済誌で記者・編集者を務める。最新の経済ニュースを幅広く、取材している。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ