【大反響!シリーズ】九州の山本さんに学ぶ不動産仲介営業⑫


不動産仕入れ理論の第一人者である梶本幸治さんが、デキる不動産営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。


春は別れの季節です。不動産業界に現れた期待の新人・九州の山本さんシリーズも、12回目の今回で一旦終了です。さようなら、山本さん!また会う日まで。(リビンマガジンBiz編集部)

画像=写真AC
ご好評頂いておりました「九州の山本さんに学ぶ不動産仲介営業」も今回で最終回です。
今までの記事では九州の山本さんが2018年7月~2018年12月までの半年間に達成された数字を基に、不動産仲介営業の勘所を解説して参りましたが、その後(2019年1月~2月を集計。3月分の集計は数字の締めが間に合いませんでした…)、の山本さんはどのような結果を残されたのかご紹介致します。
※平成31年1月|媒介総数:3件(専任媒介:1件 一般媒介:2件)
・売主訪問:15件
・売主電話:8件
・査定書作成:8件
・一括査定反響:8件
・空地空家調査:30件
・空地空家DM発送:16件
・空地空家DM反響:7件
・チラシ配布:100件
・チラシ反響:0件
・業者訪問:1件
・物件確認:15件
1月も九州の山本さんは目標である「月間媒介獲得数3件」を達成されました。売主訪問月間15件、空地空家調査30件、同DM反響7件といった充実の営業活動量で媒介3件…もう誰も九州の山本さんを止められません。「断じて行えば鬼神も之を避く」といったところでしょうか?
チラシ配布100件、業者訪問1件といった点は、まぁ大目に見ましょうか。
※平成31年2月|媒介総数:4件(専任媒介:3件 一般媒介:1件)
・売主訪問:8件
・売主電話:6件
・査定書作成:9件
・一括査定反響:4件
・空地空家調査:41件
・空地空家DM発送:52件
・空地空家DM反響:6件
・チラシ配布:300件
・チラシ反響:0件
・業者訪問:2件
・物件確認:12件
2月は一括査定サイトからの反響が少なかった為、九州の山本さんは空地空家調査に力を入れられ、反響を6件獲得されました。業者訪問は2件だけですから、少々寂しくはありますが、媒介4件(専任3件・一般1件)は立派です!
ここでもう一度、九州の山本さんが2018年7月から2019月2月までに積み重ねた、媒介数や営業活動量を振り返る事にします。
 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ