>>1ページ目に戻る

その勉強法とは、

過去5年分の過去問集を用意し、正解できた問題のページは破ってごみ箱に捨てる

というものです。

「正解できた」と、いっても、単に正解が分かるだけでは駄目です。各選択肢ごとに精査し、根拠をもって正解に辿りつけた問題のみ破り捨てましょう。

この方法を続けて行けば本試験の前日、あなたの手元には「表紙だけになり、全てのページが破り捨てられた5年分の過去問集」があるはずです。

ちなみに私はこの方法を実際に行い、平成8年の本試験で合格規準点32点のところ43点で合格しました(ドヤ顔)。

「はぁ?平成8年?そんな大昔の必勝法をドヤ顔で勧められても困るよ。このオッサンは何を寝ぼけた事言っているのだ?」との声が聞えて来そうですが、この「梶本流、本当か嘘か分からないような怪しげな宅建必勝法」も一度ご検討下さい。

※上記勉強法を用いて見事合格された場合の「合格体験記」や「お礼状」はリビンMagaZine Biz編集部まで。なお、上記勉強法で不合格となったしまった場合のお叱りや苦情は…受け付けておりませんので悪しからず。ご利用は自己責任でお願いします!

■本日の格言

・このコラムを読み終わったら、勉強しよう!

「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」 記事一覧はこちら

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ